武侠ドラマで暁明にはまり、今は泰国出身のTAEにハマってる。そんな、日々のあれこれです。
『母義天下』邦題。。「クィーン長安 後宮の乱」5話まで視ました。

いや~宮廷ドロドロと聞いてたので、ちょっと無理かなと思ってた
しかし、なんだか、けっこう面白いです。
母儀天下

とりあえず、太皇太后が自身の過去を振り返る形式で始まるので、
辛い出来事も乗り越えていくんだなぁと思って見ていられる。

お話は、主人公・政君の母、照の代から始まります。
普段よく観る古装ドラマは大概旦那より奥さまが強かったりするのに…、
こちらは照の旦那も幼馴染、衍の旦那もめっちゃ嫌な暴力夫!!
まあ、早々にいなくなるのでいいんですけど(^^ゞ

この二人の女性、医療の心得があり皇后の世話係として後宮に入ります
しかし、皇后暗殺の陰謀に巻き込まれ、結局は逆賊として処刑。。

そして10年後、彼女らの娘を含む5人が下級女官として後宮へ~

母儀天下2
この下級女官・・家人子ってとっても低い身分のようですけど
彼女達の衣装が偉く華やか、で、けっこう色っぽい…
このドラマの前漢の時代ってこういった衣装だったのですかね、

母儀天下1
かなり胸はだけてますけど!!

主人公政君は知らないようですが、
衍の娘、傅瑤は彼女を母の仇だと認識してるようです
もちろん、そんなそぶりは見せず、
良き仲間の振りして陥れようとしていますが(>_<)

まだ、物語は始まったばかりですが
さっそく傅瑤の策略で政君は囚われの身に~
酷い責め苦で一緒に家人子として入った李元児は自ら死を選びます(ToT)

どうにか持ちこたえてる政君、彼女を助けてほしいと家人子の馮媛が
蕭育(皇帝お気に入りの薬士)に頼み…救いの手を差し伸べてくれます。

母儀天下4
で、なんだか、キスシーンっが??いや、いきなりですけど(笑)


さてさて、この先もどんどん色んな陰謀や策略に翻弄されるんでしょうか
とりあえず、傅瑤の策略の浅はかさが哀れさを際立たせるのかな…
と思いながら…次回を楽しみにしています。




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/12/16 23:56] | 華流ドラマ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: