武侠ドラマで暁明にはまり、今は泰国出身のTAEにハマってる。そんな、日々のあれこれです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武侠ドラマ「浣花洗剣録」

NECOさんで、8話まで放送されました。
浣花洗剣録1

~✿~最近のニュースで、謝霆鋒(ニコラス・ツェー)さん、
皮膚がんの切除手術をされていたとの事、発見が早かったので
無事回復、仕事復帰されたとの事です。~✿~

しかし、ホントにCoolと言う言葉以外に何も思いつかない、謝霆鋒
「大人物」の時もそうですが、感情を表に出さない
…役柄の設定もあるんだろうけど、セリフもわりとぼそぼそ話す感じが多い。
ああ、それとよく首を振るのと、あと眼をくるりってするしぐさが
なんとも、不思議な雰囲気を醸し出す。
気になりだすと…そんなとこばかり見てしまう(^^ゞ

そんなニコ演じる大臧、師父の遺言である宝剣を探しに中原へ、
剣の腕を磨いて果たしあい、決闘を繰り返します。
その結果、人殺しの蓬莱人と中原の人達からは敵視されてしまう
浣花8

一方、青萍山荘の荘主、白三空の孫方宝玉、
三空はもちろん武芸の使い手ですが、孫には武芸を禁じています。
勉強して出世してほしい様子(^_^;)
浣花11

この白三空はそもそも、大臧のお母さんのお父さんなわけで、
彼は、霍飛謄と駆落ちした娘(艶燭)を策略を講じて連れ戻し、
候淵と結婚させ子供もできたけど…
結局、策略を知った艶燭は失望し崖から身投げ~
でも、この時遺体見つからないので、絶対生きてるんだろうな

て事で、宝玉と大臧は異父兄弟なんですね…

でも、自分の素性を知る由もない大臧は、
師父の遺言である宝刀を得るため白三空に決闘を申し出ます。
その結果、なんと白三空は大臧に敗れ、亡くなってしまいます。
浣花12

~まさか、山東武林の盟主が簡単に亡くなるはずありません、
武林の盟主を巡っての彼の策略のようです~

宝玉はお爺様の仇をうつべく、武芸を学ぶため紫衣候の元へ。
彼は水上で生活していて、剣の腕も天下一と言われています
人望も厚く、できた人物のようですが…
彼は候淵の弟、候風。つまり、宝玉の叔父さんです。
しかし、彼は義姉・艶燭に恋慕していて、彼女が身投げしようとした時
助けるつもりが、兄・候淵を刺し殺してしまい…
浣花10

かなり鬱屈しているようです。
宝玉に対してもどんな思いなのか、まだよく解りません。

しかしこのドラマ、アクションも結構あって展開も早く面白のですが、
どうも出生の秘密とかなんだか、ドロドロ感が気になる(>_<)
それと、私的には恋物語は嫌いではありませんが、
主人公二組に加え木郎神君と脱塵、候風と艶燭、おまけに武当派掌門の
過去の恋愛事情まで…かなりてんこ盛り、
それも、スカッとした恋バナじゃなくてなんだかイジイジしてる…
主人公二組も、「私の事好き?」なんてぐだぐだしてるし(笑)
浣花9

まだ序盤ですし…この後、ビシっと決めてくれる事を期待してます!

浣花7 チャンネルnecoさんの特設ページへ



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:武侠ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/10/31 23:55] | 武侠ドラマ
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。